• アマチュア無線やってます

12月30日に因縁の両子山移動をしてきました。

 

どうして因縁かというと、以前両子山を目指して移動したことがあるのですが、なぜか気づかずに八面山に登ってしまい(両者は別に近いわけでは無いのですが・・・)結局、両子山は「未踏」のままだったからです。

 

国東半島で最も高い山で、地図を見る限り大分県で最高のロケーションかもしれません(杵築の方がもっといいところあるかな・・)

 

いつもよりは行動は早かったのですが、車で移動する時間が長く結局11時頃からの登山になってしまいました。

登り口は「両子寺」の境内を突っ切っていきます。

しかし・・・日本ってやっぱり治安の良い国だなぁ・・・とあらためて思いました。千円札や百円玉が沢山入った箱が放置されてます。

 

『別に拝観じゃないんだけどなぁ・・・』と思いながら小銭をごそごそ探しますが、なかなか見つかりません。千円札を入れておつりを貰おうかとも思ったのですが、千円入れておつりを取ってるところを見られたら誤解されかねません。

 

なんとか300円見つけて入れました。

 

お寺の境内を突っ切って登山口に到達して登り始めたのですが

途中で、「お寺の○○に言ってから登れ」みたいな看板が目に付きました。

 

後からトラブルになると困るので、一旦引き返し「すみません~山頂まで登りたいのですが」と言ったら「姫、姫~」と娘?が呼ばれて、さっき300円払ったところまで案内されて「登山ノート」みたいなのに記入させられました。

『やだなぁ・・・また300円って言われるんじゃないかなぁ・・・・』と思ったのですが、特に何も言われずに「お気を付けて~」と言ってくださってほっとしましたが。

 

道は舗装されて(大分のちょっと高めの山は、頂上に送信所を作るためか舗装されてることが多い)いるのですが、『こんなのトラック登れたの?』っていうぐらい急な坂道でした。体重の重い私にとって「急な坂」というのはとってもきつい(^_^;)しかし、無駄に平坦な道が無いので、距離としてはけっこう短かったのではないかと思います。

 

頂上について

 

三角点も確認して

 

 

 

無線機の設置です。

 

今回はFT-817ND と 2m2エレHB9CV です。

 

設置して試しに送信してみると、表示に「SWR」とでてメーターが振れません。

 

ありゃりゃ????と思って、焦って『同軸だったら万事休すだ・・』と焦っていろいろしてたのですが、817よく見てみるとメータの表示がSWRモードになっていて、『なんだ、メーター振れないのが正解じゃないのw』という単純ミス(といってもこれで20分ぐらい悩みましたが)

 

山頂からは周りの山が見えるのですが、国東半島最高峰なので周りの山が全部下に見えるのは気持ちいいもんです。

 

QSOは

 

大分県宇佐市

福岡県遠賀郡

大分県中津市

福岡県田川郡

大分県別府市

愛媛県伊予市

大分県杵築市

大分県国東市

山口県光市

 

の9局でした。

 

正直、これだけロケーションがいいんだから瀬戸内海突っ切っていかないかなぁ・・・・などと思ったのですが、距離的にはもう一つの結果でした。やっぱり50MHzの方がEスポが出てないにしてももっと飛ぶような気がします。

 

帰りの下り坂は、来るときが急だった分一気に降りれるのですが、普通の靴だったら多分滑り落ちてるよなぁ・・・と思うような急坂でした。

 

かなり久しぶりにSOTAにログをUPしました。

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)