• アマチュア無線やってます

ほどほどにやめられる自信がついたので、本日も継続。

昨日発見した、コントローラ基板のチップ抵抗をハンダ付け。

RF部のチップ抵抗のハンダ付け

VN-4002の作者直々のアドバイスで、チップ部品のフィルムをピンセットで引っ張ったらあっけなく綺麗に取れた。

当初、コレやったのだけど自信が無いせいもあったのか、引っ張ってもなかなか取れず、『コレは部品を飛ばしてしまいそうだ』とやめてカッターで切る方法をとっていたのだけど、人から言われると自信を持って作業できるのか、あっけなくできました。

そして・・・

ここで毎度おなじみの失敗 orz

今日は一個も部品を飛ばすこと無くできたのですが・・・・

なぜか一カ所、つきにくくてハンダゴテの先で苦戦してたら・・・



(↑これみたらかなり部品がかわいそう・・・w)

がーーーん。片側の電極が無くなってる ><

『また、マルツに注文かな・・・』と思ったのだけど、前回注文したときに適当に注文した中に103があったのでホッとしました(^_^;)

毎回毎回失敗ばかりしていて馬鹿にされるのでしょうけど、チップ部品って本当に小さいんだよ~

とわかる画像を



右側がピンセット、左側がごく普通のボールペンの先です。

コンデンサはさらに小さいのです ><


コメント一覧

返信2019年2月27日 11:14 PM

JG2VSF25/

SECRET: 0
PASS:
こんにちは、はじめましてです。
適当にネットの海を泳いでいたら、辿り着きました。

字の書いてあるチップ抵抗なんて、大きいですよ。
最近は、字が書けないほど小さい物もありますから。
コンデンサは、混じったら何ともならないから、同じ値を一気にハンダ付けします。

間違えたときに外すのは、コテ2本使うのが楽ですよ。
私は、1本で外しますが、電極が壊れないように慎重にすばやく交互に熱加えたり、両方の電極同時に温めたりします。
2本の方がかかる時間も短いし電極のためにも良いです。
単にコテ2本温めるのが面倒なだけなのですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)