• アマチュア無線やってます

各種工具などが揃ったので本格的に製作開始です。

 



 

とにかく慎重に、つけ間違いが無いようにを心がけました。

 

チップ抵抗から



 

こんな感じで良いのかな・・・

 



かなり飛び散っています(^_^;)

 

ここで最初の失敗・・・というか超常現象?

 

100Ωのチップ抵抗2つをトレイの中に出し、一つをハンダ付けしてあと一つが行方不明に。

今度は飛ばしたりしてないし、確かにトレイの中に2つ出したのを確認してたのに???

付近を探してみたけど見つかるはずも無く、またロストです(T_T)

 

一つ無くなると、気になって何度も探してエラい時間をとられましたが、どうせ見つからないのだからすぐにすればいいのに、気になって仕方ありませんでした。



 

コントロール基板のチップ抵抗一つを残して済んだので、次はコンデンサですが、出してみてびっくり、チップ抵抗よりさらに小さい(>_<)

 





 

こんなの実体顕微鏡が無かったら絶対に無理だったので、『双眼実体顕微鏡まで買ってしまって・・・・俺って馬鹿?』と思ってたのが救われました(^_^;)

 



 

↑ん?右上の物体は何?

 



 

↑アップにしても何か良くわかりません。なにか銅線のようですが・・・ハンダが付いてるところをみると、もしかして部品の一部が破損して出てる???結局よくわかりませんでした。

 

 

チップコンデンサの最後はケミカルコンデンサ。これはかなりデカイので楽勝にハンダ付け。微妙に斜めに付いたので、ちょっとひねって・・・・あれ?あれれ???

 

↓事故現場

 



 

あっけなく足がもげてし(>_<)

 

「あ・・あぁぁぁぁ~」

 

とため息が響く日曜日の午前3時。

 

なんと、時間を忘れてやっててこんな時間になってるのにやっと気づきました。

 

マルツに消失チップ抵抗とケミカルコンデンサ注文して意気消沈しながら寝ました。

 

しかし、こんなにさみだれ式に注文出すと、部品代はともかく送料が馬鹿にならないなぁ・・・(>_<)

 

 

 

 


コメント一覧

返信2019年2月25日 4:01 PM

壮年胆力, PhD.24/

SECRET: 0
PASS:
どうもっ!

電子工作、楽しいですよね!

私は、べニア板や角材の片剤で

基盤を固定する台を作りました

あと、手の震えを軽減する

手置きなども

金属製のトレーって使って?

導通の問題や跳ねの問題で


部品を木製のクリップで挟んだり

マスキングテープで仮止めするなど工夫しています

あと酒を少し飲んだ方が

手が震えないの飲みながらやってます

頭が働かなくなったらいったん作業終了です(hi)




返信2019年5月11日 1:52 AM

VN-4002顛末記 – JE6RIJのブログ24/

[…]  VN-4002が一昨日届きました。ついに自力ではどうにもならず、作者のぶんきゅうさんに送ったものです。ついに「自作」の夢は叶いませんでした(^_^;) しかし、ものは考えようで「作者直々に半分以上作って貰ったVN-4002」というのも、それはそれで貴重なものかもしれません。 元々「私の技術力を越えてるよなぁ・・・」と思ったのですが、一目見たときからその格好いい外見に惚れてしまいました。 VN-4002 フルキット頒布のご案内  『しかし、完成させる自信は無いなぁ・・・』と思いましたが、何事にもチャレンジすることが大切かなぁ。。。などと思いながらわけて貰うことにしました。 この前に「 μBITX 」が何事も無くスムーズにできたので、『もしかしたらいけるかも?』と考えてしまいました。 ということで、2月10日に製作開始 製作を始めて、いきなりチップ抵抗をピンセットで強く挟みすぎて飛ばしてしまいました。探しても見つからず、いきなり暗礁に乗り上げてしまいました。 逆作用ピンセットと双眼実体顕微鏡を購入し、飛ばしたチップ抵抗も入手し、2月24日に製作再開。 再度チップ抵抗を飛ばす orz ケミカルコンデンサ破損 orz 再度、部品を注文して3月21日コントロール部製作完了。 なんと一発で正常動作を確認。3月26日 ① ② ③ 幸先はとても良かったのですが・・・ RFの製作に入ったとたん、数々の困難が・・・・ まず、「コイル(やトランス)を巻く」というのが、初めてだったのです。 今まで、いろんなキットを作ってきたのですが、「自分でコイルを巻け」というのは、ずっと避けてきました。なぜかというと・・・・巻き方がどうしてもわからないのです >< 今の時代、インターネットがあるので、巻き方などを解説したサイトやビデオがあるのですが、どうも「このぐらい常識だよね」というところはすっ飛ばされている気がして、モヤモヤとしたものが残ります。 恥ずかしい話ですが、「○回巻きってどこをどうやったら、1回って数えるの?」というぐらい、根本的なところが不安なのでした(輪っかを通れば一回、などと書いてあるのですが・・・) しかし、ココは避けて通れないので、なんとなく「こうかなぁ・・・・」と思いながら巻いていきました。 そして、運命の日、4月3日。 RF部ができた気がするので、CTRL部と接続しようとして・・・接続できない・ 『このヘッダーピン長すぎるよなぁ・・・』と思って、切ってしまったところの長さが足りない(なんで余計なことしたんだろうか・・(-_-) ) 継ぎ足して、なんとか接続できたのですが・・・・動かない!!! ということで、ヘッダーピンを注文。ただし、元の長さがわかんなかったので、適当な長さのピンを注文したら、今度は長すぎましたが・・・。 しかし、なんとしても完成させようと間違い探しをしますが、それがさらに悲劇を発生させます。 付けたり外したりを繰り返して・・・・基板のパターンが剥がれ始めます。 そして。。。。断念(4月27日) 「グチャグチャにしてしまったから、もうダメだなぁ・・」と言ってたところで、ぶんきゅうさんから、「とりあえず、補修できるかどうか送ってみて」と言われて、半信半疑で作者の元へ住所を聞いて送りました。 『送ったけど、音沙汰がないのは・・・やっぱり無理だったんだなぁ・・・』と思ってたら、ぶんきゅうさんから「まだついてない」と言われ、「あれ????」 どうも、宅配業者が不在票も入れずに持ち帰ったようでした。 そして、ようやくぶんきゅうさんのもとへ到着。 連休中にもかかわらず、すぐに取りかかっていただいて、『いくら作者の方でも無理じゃないかなぁ・・』と思っていたのを、なんと一日で補修してくださいました。 しかし、ぶんきゅうさんが「なんか(補修)スキルが上がったような気がする」とか仰っていたので、かなり大変な作業だったようです。 結局、RF部は部品を全て基板から取って、別の基板につけ治してくれました(>_<) 多分、一から全部作った方がはるかに楽だったはずです orz しかし、いつかはリベンジをしたいと思っているのですが、どうにもぶんきゅうさんに「VN-3002とVN-2002を・・・・」とは言い出しにくいなぁ・・・(^_^;) と思ってたところ、「これに懲りずによかったらまた挑戦してみてください」と仰ってくださったので、涙が出そうでした (>_<)   […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)